2012年05月29日

静岡B級グルメ対決「富士宮やきそば 200g×3食」Vs「浜松餃子 300g(15粒)×2トレイ」シリーズA

第142弾 静岡B級グルメ対決「富士宮やきそば」Vs「浜松餃子」シリーズA


 

今回ご紹介するのは、静岡県の美味しい食べ物♪
 
B級グルメでも注目を浴びた「富士宮やきそば」と「浜松餃子」の二つです!
 
お楽しみくださ〜い
 
1.jpg
 
 
静岡B級グルメ対決
「富士宮やきそば 200g×3食」Vs「浜松餃子 300g(15粒)×2トレイ」シリーズA

この商品は、
「富士宮やきそば」  調理済み麺200g×3食、だし粉付

「浜松餃子」  300g(15粒)×2トレイ、餃子のタレ各2個付き

富士宮やきそばは調理済みなので、すぐ食べれるっていうのはいいですね♪
 
 

2.jpg


<浜松餃子>
浜松餃子といえば、
☆『もやしが添えてある』

☆『肉6:野菜4』

☆『こだわりのタレ』


 

浜松餃子が人気の理由としてこのように書いてありました!


一つは、
美味しさの決め手は皮にあり!!

皮は薄いのに破れにくくよく伸びるもちもち食感の皮だそうです。

 

二つめは、
フレッシュミートが決め手!!

国産豚だけを使用し、毎日新鮮な豚肉を必要分だけ自社工場で
ミンチにするとのことでした。


三つめに新鮮野菜が決め手!!

こちらも自社工場で当日分だけカットして調味料に頼らず、
野菜本来の持ち味を活かした味付けをしているそうです。



 

3.jpg

<富士宮やきそば>
そして富士宮やきそばはB級ご当地グルメの祭典「B1グランプリ」で2連覇を
した実力あるグルメ!

 

そのご当地の味をそのまま冷凍で登場♪
 


富士宮やきそばは・・・

☆蒸し麺で強いコシと弾力のもちもち麺

冷蔵方法が現代ほどなかった時代に、いかに日持ちをさせようかと考えた中で
開発された方法を使い今の弾力の強いもちもち麺を生み出したそうです。


☆こだわったソース

辛口ウスターソースを数種類ブレンドした秘密のソース!
あっさりとフルーティーなソースなのです。


☆隠し味にイカ天かす

食べる前に「だし粉」をかけて食べるのが富士宮流!
魚介風味たっぷり♪

 

 

4.jpg


 

ちなみに箱の中には富士宮やきそばと浜松餃子の調理方法が載っています!
 


5.jpg

 
完成した浜松餃子です!

円状に餃子を並べて、真ん中にもやしをトッピングしました♪
 

 

6.jpg

 
肉6:野菜4の中はこんな感じ〜
 

●感想●
わーい(嬉しい顔)

「浜松餃子」ということで円形に焼き、もやしを添えて普段とは一味違う食べ方をしました。
餃子にもやし!?と思いましたが、もやしがいい箸休めになりました!

わーい(嬉しい顔)

肉というよりも、野菜という感じ。
ふつうの餃子よりあっさりしてたきがして、ぱくぱくいってしまいました。
付け合せもやし!?と思いましたが、いい感じに中和してくれましたー。

わーい(嬉しい顔)

野菜タップリの餃子で、野菜の旨味が皮の中に包まれていてとても美味しかったです。
餃子を食べた後にもやしを食べるとさっぱりして何個でも食べられちゃうくらい相性抜群でした!

 
 

7.jpg

 

そしてこちら、富士宮やきそば!

こちらも富士宮流にだし粉を食べる前にかけました。

 

●感想●


わーい(嬉しい顔)
普段食べるやきそばより麺に弾力がありもっちりしていました。
個人的にはだし粉をかけない方が好きでした!

 
わーい(嬉しい顔)

麺に弾力があったような。だし粉は、ちょっと苦手。
焼きそば自体は美味しかったです。



わーい(嬉しい顔)
麺は中細麺で、もちもちしていました。
調理済みということで気軽にB級グルメの「富士宮やきそば」を食べられるの嬉しいなと思いました。
また、かつおをメインとしたダシ粉が珍しく、ソースや麺との相性も良かったです。

 

 

ご当地でしか味わえなかった味をぜひご自宅でお楽しみください。
 

 

今回美味隊でお試しした
静岡B級グルメ対決「富士宮やきそば 200g×3食」Vs「浜松餃子 300g(15粒)×2トレイ」シリーズA
の詳細を見る


 
posted by AIA at 08:00| Comment(0) | お試し食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。